身長2m16cmのプロ野球選手

3月に入って、少し暖かくなってきたかなと思ったら、
また寒くなってきました。
この時期になると、プロ野球の開幕が目前になり、
各球団の選手の調整も最終段階に入ってきます。
また、各球団のレギュラー争いもかなり激しくなってきており、
どの選手が勝ち残るのかも楽しみにしています。
私が今、最も注目している選手がいます。その選手は、
楽天イーグルスのファンミル選手です。
ファンミル選手は、今年の春季キャンプにテスト生として参加し、
最近、育成契約を勝ち取った選手です。
この選手の特徴は、なんといっても2m16cmの長身です。
この身長は歴代プロ野球選手の中でも最も高い数値だそうです。
しかも投手なので、実際にマウンドに立っているのをバッターから見ると、
すごい迫力でしょう。

今日、私は楽天対中日のオープン戦の中継を観ていましたが、
ファンミル選手が8回に登板しました。

ファンミル選手が投げるところは初めて見ますが、
やはり身長が高すぎて、他の選手が子供に見えました。
ファンミル選手は打者3人を長身から投げ下ろす力強いストレートを
中心に抑えました。かなり期待できそうな内容でした。
特に、最後に投げた152キロのストレートは、
一流の打者でも簡単に打てないと思います。
この投球を続ければ、支配下登録も近いでしょう。
楽天の投手陣の層はまだまだ薄いので、チャンスはあると思います。
いつか、ファンミル選手が楽天の救世主になるんじゃないかと
私は勝手に思っています。

ファンミル選手の今後の活躍を期待しています。


きょうの朝から晩までの食べ物など

朝起きて、休日だったことを思い出して、微妙にホッとしました。
起き抜けはわからないことがあるのです。

 

朝は御飯と、納豆にしました。
火を使わないで且つ、体に良いとは、納豆は本当に助かる食材です。
午前中の間食は、ラスクとコーヒーでした。
このラスクは、レストラン併設のベーカリーにあって、
美味しいベリーが少し入ったバケットを乾燥させてあり、
たぶん、普通のラスクみたいな砂糖とかはからめてありません。
何しろ、レストランで供されるパンから作ってあり、
パン自体が美味しいので、
乾燥させただけでも、非常に美味しかったです。
甘味は加えない方が良いし、ベリーが良いアクセントになっています。
お昼は、お米にツナと人参、玉ねぎ、カレー粉、
ブイヨンを入れてピラフを炊きました。

カレー粉が少なかったけど、美味しかったです。
今度はもっとカレー粉を増やしてピリッとさせようと思いました。

 

午後の間食は、ゆず茶と黄な粉ちんすこうでした。
大好物を食べるとは幸せ気分にさせてくれます。

 

夕飯は、かぼちゃと人参のミルクスープと、
豚のしょうが焼き、もやしニラ炒め、湯豆腐です。

まずまずバランスは取れていると思います。
スープ作りが少々時間がかかったので、
サラダは省いて生野菜はトマトにしました。

 

ところで、買い物の途中に山の中腹の休憩所に行ってきました。
桜のつぼみが見えました。
山を車で5分くらい上がった所ですが、
下と違って冬の風が吹き降りていました。
静かで風流で、ほっこりするお気に入りの場所です。
落ち着くので、何ヶ月か経つと行ってみたくなるのです。

 


病院求人で探せる看護系の仕事

 

病院求人とひとくくりによっても、色々な仕事がありますよね。

 

例えば、介護でいくか看護でいくかによっても若干仕事内容が変わります。

 

正直、介護の方が大変で、その分給与も良いと聞いています。ただ、看護は子供がいる人でも働きやすくて、大きい病院だと夜勤などもありますが、そうでなければ、定時で上がれることが殆どだと知り合いの看護のひとは教えてくれました。
ただ、看護系の仕事といっても看護師と准看護によっては仕事の重さも違い、給与も違います。

 

私のように子供がいて、たくさん働くつもりはない人が准看護で働いているようです。

 

もちろん、看護をめざしながら准看護として働く人だってたくさんいます。

 

なので、病院求人と思ってみていても、自分に合っていない内容でしたら、意味がないですし、科によって仕事内容も変わってくるので、意外と自分に合う仕事を探すのは大変だと思います。

 

人によって、働きたい時間も給与も違いますから、色々絞っていくと更に大変ですよね。

闇金からお金を借りるということ

8年以上前、私は株の投資に没頭していました。小額の担保で証券会社から格安の金利で資金を借りられる信用取引でかなりの金額を儲けていました。当時の元手で120万を1年足らずで800万くらいにしましたが、7年前のリーマンショックで日本株も大暴落。私の信用取引で購入した株も一気に安くなり、私は元手を割り込む大赤字でした。

 

何とかしなければと、消費者金融で借金をして挽回しようとしましたが、買うたびに株は下がり結局借金に借金が重なって返済ができなくなりました。数年かけて高い利子を払いながらも一応は借金が無くなりました。もう株はやめようと思っていました。しかし、120万を800万にした実績を思い出し、挽回をして今まで苦しんだ生活を見返したいと思うようになりました。色々な消費者金融で申し込みをしても「契約をお見送りさせていただきます」の返事ばかり。

 

ところが、ある日近所の電柱に貼ってある「お金貸します」の広告を思い出し、試しに話だけでも聞いてみようと思いました。もちろん、闇金と何となく分かっていたので、怖かったら借りないようにしようと思っていました。ところが、意外と若い眼鏡をかえた普通の人が応対してくれてイメージとは全然違いました。応対してもらった2日後に、私は30万借りることができました。しかし金利が異常に高い上10日ごとに最低金利分は払わないといけない契約だったので、早めに株口座にお金を入れて早く利益を出して借金を返そうと思いました。結果、利益は出せて借金はすべて返済しました。滞りなく何の問題もありませんでした。もし、あの時株で失敗していたら取り立てにあったかもしれません。そして、職場まで付回された可能性もあったと思います。不思議と借りる前よりも返した後の方が何か怖い気持ちになってきました。闇金で借りるときは、必ず返せる前提で借りないと取り返しがつかないことになると思います。

 

私の中の闇金の想像といえば、取立てが厳しく乱暴。そして横柄なイメージです。
ドラマなんかで出てくる闇金はスーツをきていたり、派手な服を着ていたりしてサングラスをしています。
男性ばかりで口も乱暴も手も直ぐ出る感じですね。

 

債務者は闇金に手を出してしまい、闇金返済ができなくなり、家計もうまくいかなくなり夜逃げもしくは自殺という最悪のパターンがあることが多々あります。
借りる側にも何かしら問題があるのかもしれませんが、闇金の取立てはそれほどに恐ろしいというイメージです。

 

玄関を蹴りながら留守を確認したり、酷いと勝手に家の中に入ってきたり職場まで現れたり、という想像をしているのですが、実際にそんな人がいれば警察に通報するでしょう。
昔は本当にあったのかもしれませんが、今はそこまでできないはず。
それでもやみ金はあるわけですから、今の闇金はどんな事が恐ろしいのでしょうか。

 

インターネットや電話をフルに利用したりするのか・・・今の時代の闇金取立て方が気になるところです。

更新履歴