家族には秘密のトレーニング

実は最近、家族には内緒であるトレーニングに通っている。そう、
嫁にも子供にも内緒にしているのである。
そのトレーニングとは・・・「ボイストレーニング」だ。

 

もう40近いこの年になって、ボイストレーニングに通いたい、
とは家族に言えなかった。
でも、少しでも歌がうまくなるのであれば、
という淡い気持ちで通い始めたのであった。

 

実際はというと、思いのほか楽しいのである。
声帯の使い方とか、息の出し方、おなかの使い方などを
毎週やっているわけなのですが、やればやるほど奥が深い。

そして、目に見えて、いや耳に聞こえて成果も出てくる。
レパートリーが増えてくる、これまでカラオケで3つぐらいキーを下げていた曲が、
原曲で歌えるようになる、
出したことのなかった音量がでるようになるなど、
具体的な成果が伴ってくると、やる気も出てくる。
次は何の曲にしようかと考えるのも楽しい。

 

だが、ボイストレーニングに通い始めると、
カラオケに行く機会が急になくなってきた。
以前はよく会社で強引に連れられて行ったり、
家族で行ったりという感じだったが、
最近は一人でカラオケに行く機会が多くなった。
あれ?おかしいな、こんなはずじゃなかったのに。
ボイストレーニングの成果を試したい!と思うと、
結局一人でカラオケに行って確認することが多くなった。
一人でカラオケなんて、昔の自分ならありえなかったのに、
今じゃ堂々たるもの。

 

今に見ていろよ、どっかでだれかに披露してみたいぞ。